You are here
Home > マイホーム > 注文住宅と建売住宅の比較

注文住宅と建売住宅の比較

大まかな違いは?

注文住宅と建売住宅の比較を行う前に、注文住宅と建売住宅の共通点について案内させていただきます。

注文住宅と建売住宅は別物とされていますが、「定まった土地に対して住宅を建てる」ところは一緒です。
なので、注文住宅であれば土地に対して余裕が生まれる・・・、というケースは少ないでしょう。
近年では、注文住宅より建売住宅のほうがお得という情報も存在しますが、どちらが得なのかは地域によって変化しやすいです。

なので、注文住宅と建売住宅を比較して、双方のメリットを良く理解し、自分に適した土地はどちらかを理解してから、購入の決断を行なったほうが良いでしょう。

まず、注文住宅のメリットからとなりますが、注文住宅は「好きな土地に対して家を建てられる」というメリットがあります。
なので、アクセスを気にしている方は注文住宅と相性が良いでしょう。
土地に関する建売住宅のメリットは、「土地が少しだけ大きい」ところです。

建売住宅は相場よりも土地が安い地域に対して、住宅を多く建てるという特徴があります。
土地をまとめて買っていることも多く、そのため、住宅の面積に余裕がある(土地を広く使って建築する)ケースが多いのです。
ただ、広く感じるだけ・・・で狭いケースもあるので、良く確認してから購入されたほうが賢明でしょう。

次に、設計について比較します。
注文住宅の設計は、「要望に沿った設計」となりやすいので、自分なりの住宅設備、間取りがすでに決まっているという方は、注文住宅を選択したほうがメリットが多いです。
建売住宅は、「長く売れ残ってしまったせい」で、古い設計のままで販売されているものもありますので、そのことを理解して購入の決断を行なったほうが良いでしょう。

価格などの違いは?

他にも、注文住宅と建売住宅には以下のような違いもあります。

まず、価格についてですが、「建売住宅のほうが安い」ので、金銭的に余裕が無い・・・という場合は建売住宅を選択したほうが良いです。
建売住宅は、「まとめて複数の物件を売る」という目的で売っているため、1件ずつ丁寧に売っている注文住宅と比較して安いのです。
他にも、建売住宅は「住宅ローンの金利も安い」という特徴があるので、これらの特徴を活かして家を購入したい人は、建売住宅と相性が良い人だと言えます。

しかも、建売住宅であれば「すでに建っているので工期が短く済む」というメリットまであります。
建売住宅であっても、設備などの導入ですぐに住めないケースもありますし、人気の物件は予約を行い、予約後の審査で問題がなければ購入可能というケースもあります。
ですが、注文住宅に比べて購入に関しての柔軟性が高いので、即決即断を予定している方は注文住宅より、建売住宅を選んだほうが賢明です。

Top