You are here
Home > 仕事 > 仕事に活かせる「読書術」とは

仕事に活かせる「読書術」とは

仕事効率アップにも役立つもの

普段から読書をしている人は効率良く仕事を進めることができる能力を持っていると言われています。
自分にはゆっくり読書をする時間がない…と嘆いている方もいますが、自分の仕事効率アップに繋がれば結果的に読書をする時間を生み出すことができますし、自分自身のスキルアップにも繋がるのです。
決して読書は無駄な時間ではないことを理解して、仕事に活かせる読書術を実践してみてはいかがでしょうか。

読書をすると時間節約になる

読書をしていると結果的に時間節約に繋がると言われると、何故だろうと疑問を感じるのも当然です。
読書をするためには時間を割かなければいけませんが、その時間をどうやって確保するべきなのかと感じるでしょう。
読書が時間節約になるというのは、結果的に自分の知識を増やすことでわざわざ調べる必要が無くなることで時間節約に繋がるという意味になります。

例えばインターネットが発達している現在は、わからないことがあればすぐに調べたら良いと考えている人が多いです。
確かにインターネットで検索することで答えを簡単に見つけることはできますが、求めていた内容とは異なる場合がありますし、どのように正しい答えを見つけることができるか検索の仕方もよくわからないという人が多いのも事実です。
また、インターネットで簡単に見つけた答えはほんの一部の知識であり、物事の全体を通して理解したものではないので、人間の記憶に残りにくいと言われています。
時間的には節約できているように感じられますが、長い期間で考えてみると決して効率が良いとは言えない部分も多いです。

学んだ知識を忘れない

読書の場合は本を読むことで得た知識を覚えておくことができます。
何も考えずにサラッと読むのではなく、記憶に残すことができる読み方に工夫するのがポイントです。

例えば気になった部分、重要だと感じた部分にはマーカーを引いておくことで記憶に残りやすくすることができます。
視覚的にわかりやすくなると記憶に残りやすいと言われているため、本は効率の良い方法と言えます。

そして、本で学んだ知識を他の人に教えてアウトプットすることも重要です。
こんな内容がとてもためになったからぜひあなたも読んでみたら良いと勧めることも効果的と言われています。
自分が勧めた本を読んだ人から本当に良い内容だったと教えてもらうと、更に新しい知識を得るために本を読みたいというモチベーションが上がることでしょう。

読書をする時間がないと言う方は、寝る前の30分くらい前に読むことをおすすめします。
睡眠の直前に読書をすると記憶に残りやすいと言われていますので、短時間でも効率良く知識を深めることに繋がります。

Top