You are here
Home > マイホーム > マイホーム購入後に感じたこと

マイホーム購入後に感じたこと

男の夢を叶えた人達の意見

マイホームの購入は男にとって人生最大の夢だと考えている人も多いはずです。
私も2年前に一戸建てのマイホームを購入したのですが、本当に嬉しくてようやく夢が叶ったと大喜びしたのを覚えています。
マイホームであれば基本的に何かに縛られることがないため、昔から飼いたかったペットを飼えるようになりました(念願の柴犬ちゃん。もちろん色々準備してペット保険にも加入しました)
しかし、マイホームを購入したことで面倒に感じることもあります。
これからマイホームを購入したいと考えている人、今まさに購入するところという人に参考にしていただきたい、マイホーム購入後に感じた事についてご紹介します。

子育てのストレスが軽減されました

私達家族は今まで公営団地に住んでいたのですが、上下左右に住んでいる人にかなり気を使っていました。
子供が生まれたばかりの頃は夜泣きがひどかったので、私たち夫婦もかなり疲れていたのですが、子供が泣く度に隣人から壁を叩かれたり、上の階の人が床をドンドンと音を出すので半分ノイローゼ気味になったのを覚えています。
このような環境が続くなら思い切って一戸建てを買おうと本気で考えるようになって購入に至ったのですが、一戸建てに住んでからは周囲に気遣うことなくのびのびと子育てに集中できるようになったことでストレスは大幅に軽減しました。

他にも団地住まいの時には収納が全くなくて困っていたのですが、今は広々とした収納スペースを確保しているので置き場が無くて困ることが無くなりました。
子供がおもちゃを散らかして遊んでいても、足の踏み場が無くなるということも無くなったのは本当に嬉しく感じています。

他のストレス要因もあります

今のところは夫婦共働きで住宅ローンを返済していますが、この先二人の収入が今のままという保証はどこにもないのできちんとローンを返済できるだろうかという不安はあります。
私が勤務している会社が潰れてしまったら収入はどうなるのかなどの不安があるため、できるだけ早くローンを返済しなければいけないと考えています。

他にも近所付き合いが煩わしいと思ってしまうこともストレスになっています。
私が住んでいる地域は自治会の役員が回り番でやって来るため、数年後には自動的に私達が役員をしなければいけないのです。
正直なところ、自治会の活動には積極的に参加するつもりがないので、なぜ強制的に役員をやらなければいけないのかという気持ちがあります。
しかし、せっかくマイホームを建てたので、近所の人達と対立して波風を立てるつもりもないので、仕方がないのかなとも思っています。

新築内祝いという名目で客人を招きました

それでも結局、マイホームを購入して新築祝いを頂いたお返しとして、たくさんの人をお招きしました。
職場の上司から友人まで、結構な人数を招待したのですが、そのたびに「いい家だね」と褒めてもらうことも多かったので、とても嬉しかったですね。

家だけではなくなんでもそうですが、自分に関することや物に関して褒められると、誰でも気分がいいものですし、家に関しては心から購入してよかったなと感じます。

新築祝いもたくさんいただいて、今では我が家で大活躍しているものも多いです。
自分たちも友人が新しい家を購入したりしたときに、新築祝いを贈りましたが、実はタブーなものも存在するそうなので、一番は相手の好みを事前にリサーチしておくとより安心ですね。

もちろん、これから新築祝いを贈る方もいると思うので、参考になりそうな記事を載せておきます。
新築祝いのタブーとは?やってはいけないNG集|お返し・お祝いマナー | 株式会社マイプレシャス

このように、マイホームを購入した後に感じることは人によって違いますし、十人十色です。
大切なのは、自分たち家族が後悔しないマイホーム購入の夢を叶えることなのです。

Top